読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最も思い出に残るレース

本日の朝は外に出てみたら雨でした。まぁ、恵みの休足としましょう。

と言うか、脂肪残量が残り少なくなってまいりましたので、本日は走らず脂肪を稼いでおくことにしました。

引退とは言うものの事実上年間2レースは参加したいと思っております。レースとは言わず信仰生活とも言うこのレースは秩父から流れてくる奥武蔵というところで開かれます。トレイルですか?とか質問してくる方もいますが、明確なロードレースです。毎年年間3レースを奥武蔵で走りました。個人的には年間4レースにしたかったですが、12月のオクムは駅伝であり、メンバーが集まらん状況でした。゚(゚´Д`゚)゚。

6月、奥武蔵ウルトラマラソン78km
10月、奥武蔵グリーンラインチャレンジ42.195km
10月、奥武蔵もろやま「仰天」ハーフマラソン

なんでここがこんなに好きかはわかりません。レースを引退してもここだけは外したくない。まぁ、ハーフは今年からやめるつもりですけどね。

レースって楽しいですよね。何だろこの楽しさは・・・。でも、記憶に残るレースはさくっとPB更新とかではなく、ハプニング満載で、いろいろと苦労した、過酷極まりないレースでしょう。

紆余曲折あって、今の奥武蔵ウルトラマラソンは初夏に開かれますけど、数年前初参加のオクムは真夏でした。もっとも思い出に残るレースと言えば処女出走であった、真夏のオクムでした。PC調べたらその時のFB記事がありましたのでご紹介いたします。



第21回奥武蔵ウルトラマラソン (2014年7月27日)

経験乏しい素人の判断ミスが招いた初のエンジントラブル。
エンジンの耐熱性がないない・・。
何事も初体験のオンパレードで、終わったら暫く考えたくもないレースでした。

筋肉痛が抜けつつの今頃は非常に楽しかったレース(多分、脳神経がやられたのかな。。)

昨年秋のオクムショートでは非常に楽とまでは言えなくても、普通に歩かず完走したので舐めてかかったのがすべての悲劇の始まり。

マラソンの楽しみ方、人それぞれだけど、自分はやはり計算が楽しみ。距離が長ければ長いほど予測が難しいので尚更楽しい。真夏の祭典でもあり(宗教かヽ(`Д´#)ノ ムキー!!)温度や湿度による予測タイムの算出にはいろいろと工夫をして、トレーニングの具合を按配した予測タイムは7時間30分-40分(メッチャ甘いよ。゚(゚´Д`゚)゚。)

ΔT=(0.0033×T-0.08)×(t-15) ←この公式はもはやゴミ

7月27日は関東最高気温を記録しました、なんと37℃┐(´∀`)┌ヤレヤレ

スタート地点で34℃だったらしい。視野は曇って、眼鏡のレンズを洗って見たが、これは水蒸気。もはやサウナ状態・・。酷いよヽ(`Д´#)ノ ムキー!!。厚生労働省文部科学省はヌアニをやってる?ちゃんとこーゆー祭典を指導しないとヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

それにしても、毎年10月救急車が総動員されるタートルハーフに比べて、救急車1台見えないこの宗教儀式のランナーならぬ信者達はすごい!

信者達が一斉にスタートしました。アスファルトには信者達が落とした汗がΣ(゚д゚lll)・すぐにもチッ~と湯気に変わるような勢い。

チラチラと心拍計を盗み見るキムくん。心拍は全然余裕だが、全身がびっしょり塗れていきます。湿度が高いと汗が蒸発せず体温の逃げ場がなくなるので、タオルを一枚持って行きました。眼鏡が非常に邪魔。゚(゚´Д`゚)゚。オクムの先輩達が、グリーンラインに登る前の20kmが大変なので、飛ばすとあかんで~。計画心拍より低く持って行こうと・・・。

順調でしたが1本目の名前も知らない峠。あの斜度は反則ですな。しかも、苦手な不整地。僕ね、不整地ですとペース制御が出来ず暴走するんっすよ。第1回UTMF準優勝Adam Campbell走法、踵を立ててかけ登ります。あっという間に心拍数MAX。峠を下って10kmで脚は終わりました。汗ふきタオルも使い終わったおむつ状態。゚(゚´Д`゚)゚。。

朦朧として吐き気がしたらリタイアを決心。10kmでリタイアもなんか超恥ずかしくて、今までの練習は何だったんだろう。22.5km鎌北湖ASには応援+ボラに駆けつけた仲間が待っている。どうせリタイアするなら鎌北湖までは行こうと・・・。

やっと2つ目の峠を越えったと思ったけど、鎌北湖ASが見えない。鎌北湖に入るちっちゃな坂!これがまたえぐいんですよ。゚(゚´Д`゚)゚。。まぁ、この坂越えれば奥武蔵ウルトラハーフマラソン完走で家帰る。吐き気がしますように(オネガイ)・・・。

実はこの辺あまり記憶がないんですよ。2つ目の峠で、前日買って取り付けた帽子のカーテンが下りで吹っ飛んでしまったような・・・。あまりにもしんどくて拾いに登る気力がない。捨てるヽ(`Д´#)ノ ムキー!!。
吐き気はなかったもののこれって熱中症っすよね。゚(゚´Д`゚)゚。

後でデータ見たらこの区間、部分部分歩いたものの、案外まじめに走ってました(笑)。でも、キロ6分半ペース。゚(゚´Д`゚)゚。

やっと鎌北湖AS。やったヽ(=´▽`=)ノ
真夏の祭典、奥武蔵ウルトラハーフマラソン完走!ヽ(=´▽`=)ノ

適当に食って、飲んで、きよみちんにお水掛けてもらって、原ウルトラマラソン代表とザキさんと雑談して、俺帰りま~すと宣言。ちょっと休んだお陰か、ちょっとくらいは走れそうな気がしました。まぁ、グリーンライン乗っちゃえば涼しくなるだろうとまた根拠の無い勘違い。

期待は裏目に出ました。グリーンラインに入る道が高麗川側から登る道とは比較にならないほどキツイ。ヾ(・∀・;)オイオイ ゆってよ~。゚(゚´Д`゚)゚。 

僕、よっぽどなことがない限り一度もレースで攣った事ないんですよ。なのに、体の電解質が一気に抜けたせいか、やばいやばい攣りそうになりました。次の清流ASまで下りを除き全区間歩き!もはや登山大会。鎌北湖でリタイアすればよかったのにとすぐ後悔。いやいや遠いよ。゚(゚´Д`゚)゚。 歩いても歩いても清流ASなんか見えない。

やっとの思いで清流ASに到着。先ずは塩を一口。オエッ!吐き気か?俺はこれで家に帰れるのか?いやいや塩の量が多すぎだろお前ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!。まぁ、次でリタイアしようとユガテASを目指します。

なんかすぐ喉が渇きます。これって水中毒??と思いつつ。走ろうとしても心拍が上がらない。75%MHR超えると自動的に脚が止まります。もはや上り下り関係なくインターバルです。ガス欠かなと思い、用意していたアミノ酸2600mgを投与。オエッ!こ、こ、これは、DNFチャンスかヽ(=´▽`=)ノ
残念!桃アレルギーなのに、アミノ酸粉末が桃味。゚(゚´Д`゚)゚。

走りだすとすぐ消えるエンジン。これはね、熱中症なんですよ。脳神経が筋肉を動かさないようにするものなんです。脳神経の指示による骨格筋のSTOP細胞化。゚(゚´Д`゚)゚。
タオルに包んで持っていた氷を帽子に中に入れました。ひんやりすると思いましたけどピンと来ない感じ。゚(゚´Д`゚)゚。しかし、徐々に徐々に、エンジンがもつ時間が長くなってきました。

ユガテAS。何か固形物を食わないとそろそろ燃料が空になりそうでした。いやぁ、しかし、おにぎりとかが喉を通らないですね。スポドリもオエッとしそうでしたし、お水最高!コーラーしか飲めません。胃は完全にやられっぱなし。初ウルトラでは心配でH2ブロッカーを用意しましたけど、使う必要がなかったので油断しましたね。まぁ、しょうがない。

徐々にスピードが戻り、ラン友私設エイドに到着。イヤン、恥ずかしくて素通りしようとしたらチアキさんに掴まれました。あのひんやりしたおしぼりで元気100倍!出来るだけ目を合わせず、記念写真一枚撮って急いで前に前に・・・。

走る前に気にしたのが雷雨。山の中だし、怖いっすよね。 雷なるわ、先の見えない雨は降るわ、所が、これが意外と爽快!道はもはや川の道。シューズは雨降る前から、水で濡れてるし、いっちゃえいっちゃえヽ(=´▽`=)ノ

徐々にペースを取り戻して、DNF予定地の丸山ASー49.2km地点。おお、本物のオクム姫(*´ω`*)。さすがサブ3ランナーだけであって、立派な太もも、うっすら割れた腹筋 (*´ω`*)。
カキ氷を一瞬で飲み込み、じゃDNF。奥武蔵ウルトラフルマラソンちょい超え終了。゚(゚´Д`゚)゚。

まぁ、折角だから、オクム姫と記念写真。自撮りで、顔だけ一緒に撮ろうとしましたけど、全身撮影を強く勧めるオクム姫。走る信者を捕まえて写真撮ってもらいました。申し訳ございませんm(_ _)m
後で写真見て、「なるほど」(*´ω`*)bpm

不思議と元気100倍。
ここからは、上り下り関係なく快走でした。日頃磨いた下りテクニックが冴えましたね。雨の中を快速で・・・。かき氷のせいか、お腹が少々痛かったですが、お構いなくイケイケモード。69km地点までほぼ5分20秒ペース。エイドも走りながら補給。しかし、69kmでエンストしました。゚(゚´Д`゚)゚。

ハンガーノックΣ(゚д゚lll)ガーン
一度経験したと思ったんですけど、それはハンガーノックではなく単なるヘタレ。゚(゚´Д`゚)゚。 下りなのに動けない。極度のめまい、幻覚、幻聴。じっとするしかなかったです。
「大丈夫ですか?」「お水のみますか?」
通る信者達が気を配ってくださいました。やっぱりコーラーだけでは走れない。
次のエイドまでが遠い遠い。ふらふらしながら。10m進んで休憩を繰り返し、やっと70kmのユガテAS。エイド近くでエンストになって助かりました。ここまで来てリタイアは悔しすぎる。ゲローしてもいいから、とりあえず色々口にしました。何を食ったかは全く記憶に無いです。゚(゚´Д`゚)゚。。

ここから、再び歩き走りのインターバル。レベル低い。キロ7分のインターバルなんてやったことねぇな。清流ASに至る最後の坂が、きつ~~~~。もうオクムなんか走りたくねぇ。゚(゚´Д`゚)゚。

清流ASでも色々食って、鎌北湖AS目指して、最後の激下り。もはやテクニック無いです。やっとキロ6分。涙うるうるです。レイコちゃんの気合の入った応援でかつを入れ、表情管理バッチリ。

残り3km。77kmまで来たら、もう倒れそうです。フィニッシュラインにはラン友といけのすけさんがカメラ持って待っているはず。脚を止めて力を蓄えます。力がないと表情管理ができません。

フィニッシュラインが見え始めました。渾身の力で、フォームに気を配りつつ、ラスト表情管理。ストロボが光ります。渾身の力で一生懸命に表情筋を動かします。

9時間38分23秒でゴールヽ(=´▽`=)ノ


オクムなんか走りたくもないと思いましたけれども、筋肉痛が抜けつつの今頃、来年のリベンジを誓うのは、きっとオクムウィルス感染症候群っすよね(・∀・)ニヤニヤ

f:id:Sphingoid:20170427130034j:plain