オクム後身体変動1

応援してくださった皆様、ありがとうございました。

一緒に参加した仲間達、大変お疲れ様でした。

撃沈上等Tシャッツも2枚程目撃しました。そのうち一人は途中写真撮影に乱入する失礼を犯しました。この場をお借りお詫びいたしますが、いつブログに上がるか楽しみです。問題は検索できぬというところで・・・。

昨夜は全身の痛みにも関わらず、死体のように寝る幸福感を味わいました。睡眠障害者としてはこれ以上ない至福感でした。

今朝の体重は56.7kg、体脂肪率は6.4%で、計測史上最低を記録しました。念のため体重59kg、体脂肪率11%にきっちり合わせて出走しましたが、無残にもやられぱなしでした。一時的な脱水によるもので2-3日で回復しますが、例年のことから、オクムだけは1週間ほどかかります。ダイエットランナーを応援する元ランナーとしてお薦めすべきレースですが、命に関わることもあり、全くおすすめできません。

多くの方々、レース後ダメージを論じる風土があります。個人的には筋肉痛が与える至福感好きですが、残念ながら、普通のレースでは中距離でもなかなか筋肉痛と言うのは感じない体質になってしまい非常に残念に思っております。

しかし!

この点に関しまして、オクムは決して裏切りません!本日も強烈な筋肉痛の基、至福感に包まれており、「昨日は本当に幸せだったな」、しばらくこの至福感は筋肉痛とともに楽しむことになるでしょう。

左脚大腿四頭筋見事に半壊です。残念ながら、お尻は両方とも、本日ロック状態です。足の損傷は全くありませんでした。腹筋は10%ほと破壊されました。右膝は、錆びついた機械なような感じで腸脛靱帯に身弱な鈍痛があり要注意ですね。慢性化されている肩凝りは治るわけ無いですけど、神経の届かない範囲にあり、しばらくは何も不便を感じられないでしょう。激しくお腹ペコペコです。ちょっとだけジョグってみましたが、キロ7分切ることは出来ませんでした。概ね見積もって3-4日で回復してしまう残念な感じですが、じっくり回復に努めていきたい所存です。


f:id:Sphingoid:20170605083610j:image