みんなのシーズンインが裏山しい

高強度補強捜査が2週間ほど続き、ランニングのところか、ブログ更新つうか、ランチをとる時間もない現状で、本日は3日間に及ぶ特別作戦が失敗に終わりました。お陰でブログ更新できる時間ができたという皮肉。

起訴文かきつつ、裏付けの補強捜査ですが、わかったのは、証明できない事案の発見というクソみたいなことでした。まぁ、既存の作戦では証明できない理由がわかったので次の作戦に挑みます。分子は小さいほど加工が難しく、当たり前に思えるものほど証明は難しく、身近なほど重要性は認識しにくい。クソみたいな摂理です。

みんなはシーズンインですね。わくわくするでしょうし、記録更新の期待感あるでしょうけど、フルは決してハーフの2倍ではなく、サブ4の次は決してサブ3.5でもなく、サブ3.5の次は決してサブ3.15でもなく、3時間10分からサブ3までは、カテ4のランナーならではの壁が存在するという、クソみたいな摂理もあります。

僕は今年の巡礼後全てのレースエントリーを放棄し、来年の巡礼も見送る覚悟で、捜査に専念しておりますが、気持ちは、幼い頃ヨダレ滴ながら、一口頂戴、みたいな気持ちです。

冬が弱い自分は、昔も1、2月のレースは全くエントリーしませんでしたが、夏が大好きな人間として、主に中距離に参加してしまうと1、2月と8、9月以外はほとんどシーズンなので、まぁ、シーズンインのワクワク感はあまりわからんかな。

シーズンインの皆さんにお願いしたいのは、DNS. DNFせず、無事シーズンアウトを迎えることです。故障せず、もくもく完走して、シーズンアウトするのも記録更新より格好よく、重要なことであると、捜査員は確信します。

頑張ること重要ですが、どうせ頑張るんだったら、休養を含めて頑張らんと…
休養も立派な練習の内なのです。

サブ4の次はサブ3.5ではないため、あなたが目指すべき記録更新は、福澤監督の助言通り、前回記録のタイを目指すべきです。タイ記録を目指し、淡々と走り、35km付近で余裕があれば、記録更新間違いないじゃないでしょうか。