ゴキちゃんにまつわるエピソード

わたくしゴキブリが大の苦手!貧乏だった留学生時代から、壊れそうな木造アパートに暮らしてたごろは、悩み、悩みでした。隣のおばさんに協力を呼びかけても、「日本ではしょうがないのよ」の一言。

はあ~、日本のゴキブリでっかいし、ゴキのくせに飛ぶし・・・。殺虫剤を噴射してもなかなか動きが止まらへんし、おまけに腹をみせる仕草まで・・・。

「お前、腹を出すな!あかん!」。

心拍は激上、死骸処理まで2時間は掛かります。

夏ごろになると殺虫剤のコマーシャル。

「ゴキをリアルに表現するな!心拍数上がるっちゅうの。抗議してやる」の始末。

出た!としたら、汗ビショビショで「引っ越してやる」を何度もいいながら・・・。それで、腹を決め、新築マンションに引越しました。

昨夜遅く、帰宅したら、家内が神妙な表情をしている。はあ~、直感的に感じました。

「チキショー、出たか?」ちょっと待ってよ。こんな真冬うに出る???

「どうしたん?」

「ベランダの植木鉢になんかいる」

「何がおるの?」

「知らない。早く片付けてよ!」

「いや、ゴキかもしらへん、見てないことにしよう」

「駄目駄目、白いんだよ。何かして」

「いや~、いま夜やし、明日明日」


ふ~~~む、気になりますね。そして、事情を聞くことに・・。

「だから、あれなんなん?。どうしてわかったん?」

「水をやるつもりでさ、ベランダに出たらさ、土が植木鉢から散らかってさ、そっとみたら何が白いか黒いものがさ、花の間にいた」

おお、土を散らかす程の大きさのゴキちゃんおるんかい。ありゃ、ゴキじゃない可能性が強いが、まあ逃してやるよ。

「早くやっつけってよ」

「わかった、わかった、あした、あした」

で、今朝。
家内は忘れてなかったですよ。出勤前にあれなんとかしてと言っている。
困ったな。

怖い怖い。何ものかがわからんと余計怖い。
勇気を振り絞って、花の間をそっと見たら、いました。黒くて、銀色にも見える何かが・・。

「チキショー、心拍数上がってるで」

そのまま家に入ると、

「片付けった?」

「いいえ」

「なんで入ってくるの?」

「休憩やん。心臓に悪いで」


再び勇気を振り絞ってアプローチ。
今度は1mもある棒でほじくりました。

「あれは確実にゴキやないの~」

心拍数さがり、勇気出ました。

「ココからは割り箸で」

「えっ、えっ、えっ、サ、サ、サ・・・」

「サバの切り身やねん」

f:id:Sphingoid:20180119124056j:plain