現状把握のための200mインターバル (悟りは本物だったのか)

土曜日も朝起きられませんでした。(今日も起きてみたら8時でした)

午前授業後、ちょっとだけ捜査活動して、16時半頃キムフィールドへ・・・。

長い期間やってないとペース感覚もへったくれもないだろうから撃沈は見え見えだが、現状把握のため、設定なしに200mインターバル(リカバリー200m)。

Time – cadence (spm/2)
43.7-95

43.2-95

43.0-95

41.9-97

43.2 – 95

 

力んでダッシュになってしまった。動きはバラバラで無駄なケイデンスを刻んでいた。
本当の所、4本で撃沈だが、もう少し頑張ってみるつもりで5本目行ったら、ダメ押しを押してしまった。しばらくゲホゲホー動かぬ・・・。

水飲んでしばらく反省の念を込めジョグ。

次に繋ぐために、ペースを探るべく、リラックスしたちょい前の悟ったフォームを意識して、余裕を持って200m

 

Time – cadence (spm/2)

47.6 – 92

47.0 – 92

45.7 – 92

46.0 – 92

45.3 – 92

45.0 – 93

 

無駄なケイデンス抑え、自分の筋―腱の収縮リズムにのせたフォームは、動きも安定していて、何よりも楽。ちょっとしたバネの強化とちょっとしたケイデンス改善だけでも2秒ほどは短縮できるのではないかと思った。やはり悟りは本物だったようだ。

VDOT理論に当てまめれば、3時間20分カットだろうけど、せめで10000mほど流してみない限りよくわからない数字。スピード体質が持久力体質かは個人個人違う所あるだろうし、自分はどちらも半端なことあって・・・。

来週もう一度やってみて48秒カットで10本クリアすれば、400m(リカバリ200m)に伸ばしてみる。

写真は昔のこの頃のものです・・・。

f:id:Sphingoid:20180311153717j:plain