捜査員を辞められない理由

後悔してもしょうがない。

捜査をやめようと思たことも色々あったけど、粘るうちに年をとってしまい、転職も厳しくなりつつ…

嬉しい思いより、苦しく厳しい思いの方がおおく、色々ストレスが体を蝕むこともあるけれど、それでも捜査をやめられない理由があれば、年1回あるかどうかの確率で、世界で自分だけが知る事実に出会うからであろう。

久しぶりの手応えあり、久しぶりに興奮した。そして、胃に来たが…でも、嬉しい。

明日は早朝から現場検証せねば。胃が痛い。