読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市民ランナーのカテゴリー

いろいろと捜査ストレスが溜まってしまい昨夜は呑みました。お陰で今朝はコンディション上がらず、チンタラEasy paceで10kmほど・・・。

勝手に市民ランナーカテゴライズしちゃいます。昨日の記事にも市民ランナーカテゴリー4とが書きましたけれど・・・。

市民ランナーカテゴリーS
本当の意味で市民ランナーとみなすには無理がある。まぁ、あえて言えばランナーフリランサーかな・・・。トップアスリートながら実業団などに所属しないランナーのことです。兼業する場合もあります。

市民ランなーカテゴリー1
有望な長距離競走選手出身で、わかいごろ故障などによりパッとしない選手生活を送った人々。整体師、理学療法士などの職につき(その他の職も含む)、何かを悟ってしまい再び走り出した市民ランナー。東京マラソン準エリート枠は大概市民ランナーカテゴリー1が締める。

市民ランナーカテゴリー2
陸上以外の持久系スポーツ(水泳、チャリ、氷上など)からマラソンにのめり込んだ人。球技の中で高い心肺能力を要求するスポーツ(サッカー、バスケット)から転身した人。山岳部出身者。サブ3はそんなに苦労せずに達成できる(意外と水泳はそうでもないー笑)。

市民ランナーカテゴリー3
学生時代に陸上短距離(ここはほんとうの意味で短距離だよ。400mまで)部活経験者。草野球、高校野球経験者(軟式を含む)。テニスなどを趣味としてやってきた者。その他、体動かすのが好きでアウトドアー生活を送っている者、サーファーなど。柔道、空手、レスリング、ボクシングなどの格闘技出身者。その他学生時代あらゆるスポーツを経験したが、長年スポーツから離れ中年を迎えた人々。ここも本気だせばサブ3。だが、記録は実際バラバラ・・。

市民ランナーカテゴリー4
運動とは無縁の者。運動会で90%以上ビリを担当した者。運動音痴と呼ばれたもの。オタク。血液検査であらゆる数値がおかしくなり急遽ジョギングを初めた人々。ダイエットランナー(俺が応援しますぜ~)。故障率もめっちゃ高いが、ランニング愛は他のカテゴリーに負けることなく、もはや宗教化していく。この辺のカテゴリはギアに対するこだわりが半端ない。ウェアー、ギアー、シューズの販売など、マラソンブームに則って派生している所謂マラソン産業を支えるカテゴリー。何か目指している?と質問すると、実際何も目指してはいないが、夢はサブ3もしくはサブ4。ランニングが宗教化していく課程で超距離(100マイル以上、24時間耐久以上)の才能に気付くのも大体この辺のカテゴリー。

因みに俺はカテゴリー4の元ランナーです。

 


f:id:Sphingoid:20170512093852j:image