最近の悩み

今月走ったのは2回か3回か…
元ランナーとしてはまぁまぁ許される(笑)。

こまめに走ると段々汗をかかなくなるが、久しぶりに走ってみるとたくさんの汗をかく。汗をたくさんかくと腕がすごく痒く赤く腫れ上がることもある。運動誘発性アレルギーのようで根本的な解決策はない。明日から腸活しよう。

走らなくても代謝をキープして体重が増えないことは喜ばしいが、1日2ー3回は空腹感が耐えられないほど。たくさん食べてもすぐおなかがすく。睡眠障害は仕方ない問題だが、最近背中が熱く寝にくい。床で寝てもすぐ床が暖まるほど。甲状腺疾患を疑い体温をまめに測ってみたが異常なし。まぁ、この現象のお陰で体重が減るわけだが、来年まではレースに出られないつもりなので、この辺でちょっと肥ってもいいから涼しく寝たい。

走る走らないはともかく雨飽きた。

Long distance 捜査愚痴ー残されたONE piece



俺の捜査員として出発は遺伝子ハンティングからでした。腕のいいGene hunterだったのですが・・・。

多分世界が滅びいたらアメリカのせいでしょう。奴らは何をやってもとにかくスケールがデッカイ!全遺伝子を解読せよー。ばっかじゃないの?

所が、思ったより速いスピードでホンマに全部読んでしまいました。そしてGene huntingという言葉は死語に・・・。

ゲノムプロジェクトが終わりpost genome時代がやって来ました。Gene hunterは使う道がなくなりました。あなたも気を付けなさい。シリコンバレーのAIが完成されれば、あばたの机がなくなるのも時間の問題でしょう。

まぁ、とにもかくにも新時代到来と共に新たな工夫をしなければサバイバルできなくなります。生物捜査が私に教えたのは適者生存の原則。強いものが生き残るのではなく環境に適したものが生き残るのです。Gene hunterもそれなりに変身を遂げ生き残りました。

Post genome時代の残された捜査は遺伝子の機能に関する捜査でした。全遺伝子を解読したはずなのに実は文字のな列のようなもので生体における機能に関しては、まだまだ未知の遺伝子がたくさん残されていました。

遺伝子の機能を明らかにするには二つの手法があります。loss of functionとgain of function。ことばとおりで遺伝子を脱落させたときにどの機能が失われるか、もしくは遺伝子の導入によりどのような機能を獲得するのかです。

少なくとも遺伝子が持つ遺伝情報には特徴とか配列の類似性というのがあります。配列が似た二つの遺伝子は似たような機能を持ちます。この捜査分野もそう時間はかかりませんでした。まぁ、簡単なのはすんなり終わります。

一応細胞における機能がわかったとしても生体における意義はなかなか予測できません。捜査員たちは遺伝子欠損マウスとかハエを作ります。やってみると予測できなかった新しいメカニズムを発見したりします。これもある程度基盤があるから可能な話です。

それでも機能がわからない遺伝子があります。まぁ、とりあえずその遺伝子の欠損マウスを作ってみよう。機能がわかるかも知れない。僕はこれをアホの選択といいます。極めて厳しい捜査です。なぜなら悪魔の証明に当たる手法だからです。

悪魔の証明は存在しないことを証明することです。これほどアホ臭いことはありません。ないことは証明できないのです。結局やることは存在することとの比較に過ぎないのです。

僕も時代の流れに添って遺伝子欠損マウスを作りました。始めは機能がわかっている遺伝子のはずでした。しかし前任者の結果はartifactによる疑陽性のものでした。困りましたね。

なぜ、これが悪魔の証明に当たるかというと、欠損マウスを普通のマウスと見比べて相違を見抜けて遺伝子の機能を推測しなければならなりません。単純にいえば、普通のマウスにあるもので欠損マウスにはないものを探すのです。しかし、人間の知識はマウスの全てをわかっている訳ではなく、比較して著しく目立つのは欠損マウスにあって普通のマウスにはないものばかりなのです。遺伝子欠損マウスにある機能が普通のマウスにはないわけですから、存在しない遺伝子の機能を証明することになります。これこそ悪魔の証明❗人間はマウスのすべてがわからないわけですから、普通のマウスにあって、欠損マウスにはない機能。松林に落としてしまった針を探すはめになります。

まぁ、しょうもないのでラードを食べさせ肥らせてみました。そしたら、普通のマウスは肥って糖尿病になりましたが、欠損マウスは肥ってもいないし糖尿病にもなりませんでした。ほら、この遺伝子の機能は肥らせる遺伝子じゃん。うむむむ、どころが肥る話しはそう単純な話ではありませんし、肥る機能の意義を考える哲学がさっぱりわかりませんでした。普通は遺伝子がないとこの様なところで困る。だから、この遺伝子の存在価値云々というのが常識ぽい。生命はどこからやって来たか見たいな漠然とした話しでもあるまい。もしも神が生命を作ったならば、肥る遺伝子なんか挿入しといて、アホかみたいな話です。

とにもかくにも10年近くかけて、少ない成果で窓際の立場になりながらも、多くのことを学びました。

3週間におよぶ張り込み捜査の甲斐あり、起訴までラストOne pieceを残しました。やっと普通のマウスにあって、欠損マウスにはないものに正面から立ち向かうことができましたが、残ってる時間がギリギリで、依然とどきどきハラハラする立場に変わりはありません。100回以上諦める考えもしましたが、ここまで粘ったのもマラソンのお陰です。でも、100キロまでなら、マラソンの方が遥かに簡単です。

 

f:id:Sphingoid:20170816000229j:plain

The lake Saiko

久しぶりに早起き。いや、睡眠障害により4時半に目が覚めてそのまま粘った感じ…

起きても外に出るまで時間かかる。サボリウイルスと撃沈ウイルスにしばらくおかされて、耳元が騒がしい。頭痛もありそうだが、これらは元々がサボリウイルスによる擬似症状だ。

6時に家を出る。2ー3週間走らないとroutineもくそも持続的に走る力が先ず足りなくなる。初心に戻って始めにマラソンを学んだ場所、彩湖に足を運ぶ。

撃沈ウイルスにもおかされているのでなるべく小股で、ペースなど気にせず、ちょくちょく走っていく。撃沈ウイルスに感染すると動きはすごくいい。ついつい上げ上げで撃沈するようになるのだ。余裕をもって、進む。

f:id:Sphingoid:20170813150900j:plain
さきたま大橋。橋好きな方いますね(笑)

f:id:Sphingoid:20170813213130j:plain
彩湖の整備橋

f:id:Sphingoid:20170813213702j:plain
旧キム坂。昔はここで200往復とか平気だったけどな…マッカササングラスのスケボーおやじが頻繁に使っていて譲って上げました。今日もスケボー三昧でした。

f:id:Sphingoid:20170813213251j:plain
ヤクルト戸田総合グラウンド。ちょっと走らせてもらえないのかしら。



戻る道はしんどい。距離的にはやっと10マイルなんだが鬼坂で力が抜けちゃう。大概はハンガーノックだと思う。

この数週間は潜伏作戦続きで、ずっと菓子パンで賄う日がおおかったため、今日はやっぱりハンガーノックが気になる。戻る道、コンビニまで粘れば、なんとかなるが…心理的に焦ったことか、さきたま大橋の復路はペースが安定せず上がりまくっている。やはり撃沈ウィルスの猛攻を受け、さきたま大橋をキロ4分ギリギリキープで渡るが、後半の下りでキロ3、ついキロ2分台に追い込んで信号で撃沈ふらふら💫😵🌀、強烈なめまいに襲われる。コンビニまでの数百メートルがいやいや遠い。

やっとコンビニだ助かった。補給。今は健全になったもんだが、昔の補給は8割カンチューハイだった(笑)。

f:id:Sphingoid:20170813213458j:plain
今日も変な組み合わせ。まぁ、健全なので許す

おまけに体重は56キロ台、禁断の領域に足を踏み入れるが、レースにもエントリーしてないのでなんのために体重を減らしているのかわからなくなった(笑)

4キロほど記録されず。

https://www.relive.cc/view/1130545957

世界陸上依存的脱水症

2週間ぶりに軽く走ろと…

窓を開いたら土砂降り…( ´Д`)

ああ、寝よう寝よう。

眠れん。

30分後見たらあんなに降っていた雨が止んだので少しでもと…

2週間走ってなにのに、世界陸上の影響を受けたかすごくいい動き。サクサク進んで、イージーペースのつもりがレースペースになって…

えいっ、追い込んじゃえと思ったのだが、信号待ち…( ´Д`)

一瞬ふらっと目眩と脂汗…( ´Д`)

(。・´_`・。)脱水か…

公園までテクテク歩き水分補給。f:id:Sphingoid:20170810090645j:plain

近況と世界陸上マラソンのおやじ解説

忙しくて、ランもブログ更新も全くできていません。ご飯たべたか、大概記憶にないです。

捜査状況は迷宮入り寸前でしたが冷静を取り戻し裏を返したら、答えがありました。ジグソーパズルに例えると残り2ー3ピースほどですが、焦りまくっていますし、手が届きそうで届かない現状でイライラを押さえるだけでいっぱいいっぱいです。

先週は日曜日は結局ダウンして、昼御飯食べてそのまま寝込んで、度々起きて、世界陸上マラソンを見ました。見たのは10%ほどでほぼ寝たような…

井上選手はちょっとだけ期待しましたが、toughnessが足りない。ご自慢のフォームも、僕から見たら跳ねすぎで推進力が上下に逃げていました。裏拍子はやはり素晴らしく、クロカンとトレイルか峠で鍛えれば、有望株でしょう。川内くんと中本くんは予想を大きく外れない成績でした。ベルリンとかならともかく、周回コースが多く、暑い世界陸上ではタフネスなして入賞は厳しいと思います。

女子は期待しましたが、全然ダメでした。レース後半では力量の差が目立つような結果となりました。残念です。

ケニアのKipketerは大きい走りで注目した選手でした。フォームからnike breaking 2でぺ-サーだったような気がします。十分優勝株ですが、彼にはあのNike shoesがダメな気がします。pronationはスピードランナーによくありますが、ソールの厚いあのシューズでpronationがより深刻に見えました。薄いソールのやや固いシューズにしたほうがいいかもしれません。

(。・´_`・。)そろそろ寝ます。

Running analysis of Eluid Kipchoge based on Pose method

選手も分析も優れているのでシェア。

やはり、もっとも重要なのは腰のポジション(falling)

https://youtu.be/T_W0blad4lcyoutu.be

ダイエットランナーに贈る助言2(夏場編)

今朝も寝坊しましたけど、少しでもいいから走ろうと・・・。

ちょっとだけEasy pace、5kmほど・・。

体重は58kgビッタリ賞。昨日より400g減らして、元の体重に戻しました。サクッと3日で2kg減。

Dietrunnerは羨むと思いまつ。

夏場いろいろ努力しても(本気??)ちっとも減らない体重にイライラかもと嫌味を・・・。

そうなんですよ。夏はね、汗だくで体重減りそうだけど脱水するだけで減らないんですよ。代謝がむしろ落ちるからとか言われています。

 

で、冬場は?冬場は代謝が上がるらしいけど、寒くて活動量が低下する。じゃ、痩せねぇじゃんヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

燃やしてしまえ!脂肪なんか燃やすしかねぇ!

例え、走って600kcal消費したとしましょう。心拍を制御して600kcal全てが脂肪だとしましょう(うんなわけないけど)、それってどこで燃やせるかというと筋肉で燃やします。その脂肪ってどこにあるものかというと元々筋肉にあるものなんです(Intramyocellular fat)。お肉って脂肪のないパサパサする肉なかなかないよね。鶏だってもも肉は脂肪があって柔らかくて美味しい。燃やすと筋肉の脂肪が減って、あなたの脂肪組織から補充されるようになっています。減らすべきなのは脂肪組織なのに、筋肉に比べると脂肪組織が持つ中性脂質の量は圧倒的で、琵琶湖の水からバケツ1杯分消耗したことになるでしょう。脂肪組織にとってはちょっとだけの脂肪ロス、御飯食べるとあっという間に補充されます。体はそのようにできています。

それじゃ痩せねぇじゃんヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

そうなんです。ここで食わなければと仮定して、食わなければちょっとだけの脂肪ロスも補充されることなく、それが続けば痩せれる。

 

そ、そ、それって病的な痩せじゃんヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
食わなければ痩せれると思ったらあまいんです。食わなければ動けないからね。琵琶湖のバケツ1杯分のところかコップ1杯分になってしまうんだから、痩せるのってほんまに難しい。。。

しかし体ってよく出来ています。運動するとIrisinというホルモンが出て、あなたの脂肪組織を変えてくれるんです。

 

脂肪組織はね2種類あるんです。白色脂肪と褐色脂肪というものなんですけど、白色は中性脂質の貯蔵がその役目としたら、褐色脂肪は脂肪を燃やして熱を出せるのがその役目なんです。言わば、褐色脂肪組織はあなたのストーブみたいなもので寒くなると脂肪を燃やしてあなたの体温を帳尻合わせてくれるものですから・・・。夏にストーブ使う???まぁ、ですから、夏は痩せにくいわけだ・・・。

で、そのIrisinの働きをより詳しく説明すると、白色脂肪を褐色化させる働きがあるんです。これをBeige 脂肪組織と言います。これもね恒永久的ではないので、まぁ、運動しないとすぐ白色に戻るでしょう。ですから持続的に走る必要性が生じます。作られるIrisinの量は筋量に比例しますから、筋量を増やすことが重要といえます。くそ暑いなか600kcalの消費に出かけても大した効果はないですけど、その結果、ちょっとでも脂肪組織の褐色化が進むのであればより大きい脂肪燃焼につながるわけで、琵琶湖の水だっていつかは枯れるでしょう。ライザップは大体こういうところを狙うんだから・・・。

さて、元々の褐色脂肪組織は何処にあるかというと肩甲骨の間に、白色脂肪組織に包み込まれている形で、存在します。所がこれって20代から減少して、どんどん白色化が進んで、もう中年になると跡形もない。Dietrunnnerのあなたは元々褐色脂肪組織がある場所に白色脂肪が乗っかっているわけですから、残り僅かなもので脂肪燃焼云々と言うのはなかなか期待できない話です。まぁ、聞くだけでムカつくでしょうけど・・・(ごめんね)。

散々、人の体は痩せにくい話ばっかりで、ライザップ行けみたいな話に聞こえるかもしれませんが、だからと言ってほっておく訳にはいかない。だってダイエットランナーを応援する元ランナーですから・・・。

筋ボリュームの話は、まぁ、有酸素だけでは全くといっていいほど増えないっす。少々筋トレを入れるのがよろしいかと・・。

褐色脂肪組織はね、刺激で増えることが解っています。増やしてみる??

いやぁ、昔の人ってほんまに賢いんですよ。冷水摩擦という健康法、きいたことあるんですよね。冷たくしたタオルで肌をこする健康法。この刺激で褐色脂肪細胞は増えます。

http://diabetes.diabetesjournals.org/content/65/5/1179
まぁ、読んでもわからんでしょうけど・・・。

運動後、タオル冷やして肩甲骨の間から周辺部を刺激してください。冷水摩擦ですからタオルぬるくなると再び冷やしてゴシゴシゴシ。5-10分でええんちゃいますかね。

夏は食欲もまぁまぁでしょうし台所も暑いでしょうからチャンスよ。野菜多めに!

以上!

 

f:id:Sphingoid:20170720094604j:plain